【新型コロナウイルス感染拡大/感染リスクと今後のイベント開催ついて】

緊急事態宣言により当面の間イベント開催中止させていただきます (4/8追記)

5/24は荒川のんびりロングラン開催日ですが緊急事態宣言継続のため開催見送りとさせていただきます (5/21追記)

4月に入りましたが全国各地で日々感染者が増加している状況です。この状況下でインラインスケートイベントを開催した場合、自宅から集合場所へ向かう、または解散後に自宅に帰るために利用する公共交通機関(電車)などや補給食/ドリンクなどの調達で利用する店舗やランチで利用する飲食店などでは「参加者と地域の方々との間に感染拡大リスク」が潜みます。またインラインスケート滑走や青空・店内ランチ中では「いつも仲の良い参加者同士で感染拡大のリスク」が潜んでいます。
私たち自身が感染リスクにさらされるばかりか、訪問先で暮らしている方々に対しえも私たちが訪問することで感染拡大リスクを増大させてしまいます。
もし、万一イベント後に訪問地域で感染者が増加したり、または参加者の中から感染者が発生するなどがあったり、さらにもしもですがその方が亡くなるようなことになってしまったら、もうもはや取り返しがつかないどころか、みなさんの心に深い傷が残り、たくさんの方を悲しませてしまいます。
正直な話で私自身もすこし「心配しすぎだよ!そんなこと無いよ!」って心のどこかで思うこともありましたが、改めてARARUNの行動規範である「安全の上に安心があり、安心から笑顔の輪が広がる」に立ち返り、現在の「安心できない状況では笑顔でインラインスケートを楽しむことはできない」と思います。
世界は新型コロナウイルスとの対戦状態で終戦の予測も終戦後の環境も想像できませんが、どうかみなさまにおかれましても、気を抜かず十分感染しないように気をつけて、元気な体でこの危機を乗り切り、安全な環境になったら、みんなで集まって思いっきりインラインスケートを楽しみましょう。
今後の新型コロナウイルス情報を見ながら逐次安心安全を最優先にイベント開催可否判断しお知らせいたします。
この状況をご理解いただき、今後もARARUNイベント開催にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。
2020年03月27日(4/2改訂) ARARUN代表 やがみひろあき