葛西臨海公園 to 桐生130km試走 20160305

投稿日: カテゴリー: 3 リポート

今年初夏イベントとして予定をしている130キロロングライドの試走をしてきました。自分自身も葛西臨海公園から江戸川・利根川・渡瀬川と上り桐生の錦桜橋までの130キロは過去に2度ほどの経験しかなく、古河の80キロポイントを過ぎて渡良瀬遊水地から先の路面状況など今一つ覚えていなかったので確認のためと、なにより自分が滑りきれるか?とう心配もあったので・・・いろんな確認もありの試走でした(^^ゞ。

葛西臨海公園から古河の三国橋までは江戸川80キロの定番ルートで2015年年末でも滑っているので、今回はあまり経験がない葛飾橋を渡り関宿まで左岸を確認しました。いつも利用していた右岸の三郷から野田橋区間は悪路なので対岸はどうだろうと左岸を滑ってみましたが部分的に河川敷が新しくなっていて右岸よりも快適でした。
また以前はひどかった国16号高架先の関宿グライダー場辺りは堤防が新しくなり極上路面で関宿まではこちらが快適です。
よって、今後は葛飾橋~関宿城は左岸コースで滑ろうと思います。

さすがに130kmは長いなぁ~!と思うのは葛西臨海公園から関宿城まで滑ってやっとハーフ!、朝7時にスタートして関宿でお弁当を食べて12時に再スタートな感じです。

80キロゴール地点の三国橋を渡り渡良瀬遊水地沿いの路面状況はまあまあ滑りやすく、東武日光線の線路をくぐる一般道との交差点は歩道・車道共に路面荒いが短距離なので支障は無いでしょう。

再び渡良瀬川土手に戻るとグライダー場を見下ろしながらの極上路面が足利バイパスまで続きます。ここは気持ち良く滑れるのでみんなで行きたいですね。
しかし足利バイパスをくぐると一気に路面状況が悪化し足利渡良瀬ゴルフ場辺りは滑るのが困難な路面になります。福猿橋を渡ってからはずっと桐生まで滑りやすい路面は無く最後の25キロがとても長く感じます!、そう言えば2年前に滑った時もゴルフ場が見えた時から足利まではいつ止めようと思いながら滑ってたのを思いだしました。福猿橋の手前の橋で対岸に渡って土手上の車道を滑る手もあるけど路面はどうだろう?。次回試走の課題ですね。

90km地点から103km地点まで10キロ以上続く極上路面 ・・・・ ここはみんなに滑ってもらいたい♪。

足利渡良瀬ゴルフ場横はかなり厳しい路面状況 ・・・・ ここは自分も行きたくない(笑)。

経過時間:葛西臨海公園7:00出発→関宿11:40→休憩→12:00出発→17:30桐生着

Total distance: 129143 m

GPSログ解析
開始日時 2016/03/05 07:06:50 終了日時 2016/03/05 17:44:25
水平距離 128.73km 沿面距離 128.80km
経過時間 10時間37分35秒 移動時間 9時間25分56秒
全体平均速度 12.1km/h 移動平均速度 13.7km/h
最高速度 36.9km/h 昇降量合計 528m
総上昇量 314m 総下降量 214m
最高高度 117m 最低高度 -1m